城下町くまもとゆかた祭 2007

 熊本市現代美術館は、平成19年7月20日(金)、21日(土)の2日間、熊本市の中心商店街一帯で開催された「第3回城下町くまもと ゆかた祭」に、昨年に引き続き参加しました。
祭では、12月から始まる日比野克彦展のプレイベント「明後日朝顔プロジェクト」に取り組んでいる上通、下通、サンロード新市街の商店街と協働で「明後日朝顔スタンプラリー」を実施。これは、明後日朝顔を育てている4箇所全てのチェックポイントを巡りながら中心商店街の街歩きを楽しもうというものです。最終ポイントとなる美術館では、参加者に豪華賞品が当たる抽選会もありました。
 ゆかた祭、当日、美術館では、受付や監視員、スタッフが来館者をゆかたで出迎えました。また、ゆかたを着て来館された方とスタンプラリーの参加者には企画展「ATTITUDE2007 人間の家」の入場料を半額にするサービスなども実施しました。
 今年で3回目のゆかた祭ですが、街中には昨年よりもかなり多くのゆかた姿が見受けられました。美術館にゆかたで来館された人数も昨年より100名以上増加して248名を数えました。商店街と美術館が一体となって祭を盛り上げた2日間でした。

イベントキャッチキャラクターを
当財団で作成しました








アートブック「はなものがたり」発売中


熊本市現代美術館HPへ

メールでのお問合せはこちら


Copyright © 2007-14 Kumamoto Art and Culture Promotion Foundation. All Rights Reserved