MATCH FLAG (マッチフラッグ)プロジェクト
 2009年1月20日(火)に熊本(KKWING)で開催されたサッカー国際戦(日本VSイエメン)を盛り上げるために、アーティストで日本サッカー協会の広報委員でもある日比野克彦(ひびのかつひこ)さんが街の人達に呼びかけて、熊本市民を巻き込んだ協働事業としてワークショップを開催しました。
 当財団も協力団体としてワークショップを7日間開催し、多くのフラッグを完成させました。
できあがった約350枚のフラッグは、1月15日から1月28日まで、中心商店街アーケードを中心に、街なかや空港、駅、試合会場等に掲げられ、熊本市民が一体となってサッカー国際戦の開催と日本とイエメンの選手の歓迎ムードを盛り上げました。
 アートとスポーツを通じて市民、街、行政が協働で街のにぎわい創出に貢献する事業を実現することができ、また、短期間のプロジェクトではありましたが、多くのメディアにも取り上げていただき、多くの市民にも関わってもらうことができました。

なお、出来上がったフラッグの数枚は、東京都文京区にありますサッカーミュージアムに保管・展示されることとなっています。

フラッグの返却方法は、下記のとおりです。
  【フラッグ返却方法】
   1.返却期間:2009年3月1日(日)〜30日(月) (休館日(火曜日)を除く)
   2.返却場所:熊本市現代美術館  ※受付にお申し出下さい。
   3.返却方法:フラッグ制作時にお渡しした引換証をお持ちください。
 
 記念品とともに、フラッグをお返しします。

主催:(財)日本サッカー協会 (社)熊本県サッカー協会
協力:熊本市  上通商栄会  下通繁栄会  新市街商店街振興組合  
(株)アスリートクラブ熊本  熊本市国際交流会館  熊本市現代美術館  
熊本日日新聞社  Zen design project
MATCH FLAGプロジェクト公式サイト
http://kumamoto-fa.com/acq/matchflag/ (ここから先は外部にリンクします)

サンロード新市街 巻選手のお父さん・日比野さん・幸山熊本市長

日比野克彦 Hibino Katsuhiko 
アーティスト・東京芸術大学教授・日本サッカー協会広報委員
1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学大学院修了。在学中にダンボール作品で注目を浴び、国内外で個展・グループ展を多数開催する他、舞台芸術、パブリックアートなど、多岐にわたる分野で活動中。近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを数多く行っている。熊本市現代美術館においても、平成19年12月から翌年4月まで『日比野克彦 HIGO BY HIBINO』展を開催。熊本城築城400年にちなんだ石垣ワークショップなど、多くの市民を巻き込んだ協働事業を実施した。







アートブック「はなものがたり」発売中


熊本市現代美術館HPへ

メールでのお問合せはこちら


Copyright © 2007-14 Kumamoto Art and Culture Promotion Foundation. All Rights Reserved